クリス・ヘムズワースとナタリー・ポートマンが面白いプロモの新しいトールについて議論

7月9日発売予定 ソー:ラブ&サンダー 次のMCUの今年の4番目のプロジェクトになります ムーンナイトドクターストレンジ2、 と ミズ・マーベル (6月8日にDisney +で初公開されます)。 ただし、マルチバーサルベネディクトカンバーバッチの続編やスタジオのディズニー+の起源の物語とは異なり、 トール4 クリス・ヘムズワースがフェーズ4に戻ったことと、ナタリー・ポートマンが演じたトールの愛の関心事であるジェーン・フォスターとの出会いを示しています。

しかし、ニュースを聞いて映画のティーザーや予告編を見た人のために、ジェーンは今回は別の立場で戻ってきました。 為に 愛と雷、ポートマンのジェーンフォスターはマイティソーになりました。

ジェーンがミョルニルを振るうのを見たトールの予告編の反応を考えると、このニュースは非常に驚きです。 しかし、クリスチャン・ベールのゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーの脅威のため、魂を探すオーディンの息子は援軍を必要とするでしょう。

マーベルスタジオに関しては、トールがもはや1つではなく、これまでのところ映画のマーケティングで大きな役割を果たしているだけであるという事実。 そして今、マーベルは強力なデュオを強調するまったく新しい広告を落としました。

新しいプロモは愛とサンダーの2つのトールに焦点を当てています

マーベル

の新しいプロモーションで ソー:ラブ&サンダー、経由で共有 @sebbazz、クリス・ヘムズワースとナタリー・ポートマンは、それぞれのバージョンのトールとキャラクターの能力について冗談めかして議論しています。

ヘムズワースがサンダーの神がまったく新しい映画のために戻ってきたことを確認した後、ポートマンはどのように表現します 「興奮して光栄に思う」 彼女は 「その役割を引き受けなさい。」

もちろん、ヘムズワースは介入し、それを説明します 「私はまだトールを演じています。オリジナル。OG」 ナタリー・ポートマンが状況を明らかにする前に、彼女はプレーするだろうと言って、

「マイティ・ソー。だからトール、でももっと強力だ。」

ヘムズワースがストームブレイカーを振るうことから銀河を守ることまでの範囲の彼のキャラクターの能力を実行すると、 愛と雷 女優はで応答します、 「つまり、同じ?」

完全なプロモーションは以下で見ることができます:

ナタリー・ポートマンのマイティ・ソーに焦点を当てたトール4

2017年に トール:ラグナロク、タイカ・ワイティティ監督がマーベル・スタジオを復活させ、オーバーホールしました。 ソー フランチャイズ; そして今、 愛と雷、監督はナタリー・ポートマンのジェーンにも同じことをするつもりのようです。

特に興味深いのは、ジェーンをマイティ・ソーにするという決定は秘密ではなかったということです。 実際、2019年のサンディエゴコミコンで、ワイティティはファンにこの現実を確認し、ポートマンはミョルニルを振るうステージに登場しました。

映画のプロモーションキャンペーンが本格化した今、マーベルスタジオが戦略を変更していないことは明らかです。 ポートマンのマイティソーの公開は最初の役目を果たしました 愛と雷 予告編のスティンガー、そしてその後の予告編やテレビスポットでは、彼女はアクションでトールと一緒に表示されています。

ヘムズワースとポートマンをフィーチャーしたこの新しいプロモーションは、 トール4マーベルスタジオの秘密主義と明かしの傾向を考えると、のマーケティング戦略は驚くべきものです。 では、なぜスタジオはサンダーの神のMCUストーリーでこのひねりをリードしているのですか?

ええと、ポートマンがオリジナルで主演したとしても ソー トール:ダークワールド、女優は2014年以来MCUの一部ではありません。彼女のスターのステータスは、彼女のカムバックのニュースと相まって、視聴者の興味をそそるに違いありません。

第二に、漫画に精通していない人にとっては、ジェーン・フォスターのガンとの闘いは、ゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーが関与する映画の他のイベントと同様に、彼女自身で明らかになる可能性があります。

しかし、その推測もあります トール4 マーベルスタジオが覆い隠しているもう1つの重要なキャラクターが含まれます。 また、特定の予告編やプロモーションでのトールとコルグの位置付けにより、マーベルは映画自体の公開を保存するために誰かを削除した可能性があります。

その噂の正当性はまだわかっていませんが、マーベルスタジオは、トールがもはや唯一のフランチャイズの4番目の映画ではないことを視聴者に知ってもらいたいようです。

ソー:ラブ&サンダー 7月8日に劇場で公開される予定です。

Leave a Comment