ガンナがYSLRICO事件の中でバーの後ろから公開書簡を共有

ガンナは、5月にRICO法で逮捕されて以来、最初の公式声明を発表しました。 彼は自分のソーシャルメディアアカウントにメッセージを共有し、そこで彼は自分の無実を宣言し、「誤って告発されている」と述べました。

「この困難な状況にもかかわらず、2022年は私の人生で最高の年の1つでした」とGunnaは始めました。 「今年、私は全世界にPをプッシュさせました。」

彼は続けて、彼は常に彼の芸術形式を使って彼の状況を変えてきたと言いました。 「私は仕事をし、自分の技術を磨き、仕事をし、業界の黒人女性に力を与えました」と彼は書いた。

ヤングストーナーライフ(YSL)のメンバーの公開書簡は、5月末に公債が拒否された後のもので、裁判日は2023年1月9日に設定されています。法。 検察は、ガンナはYSLの「単なる仲間」ではなく、「指揮官」であった「文書化されたギャングのメンバー」であると主張しました。 裁判官は、彼の絆を否定する前に、ガンナを「これに結びついた目撃者や他の人々への危険」と見なしました。

「私が描かれている絵は醜くて真実ではありません」とガンナは手紙の中で続けました。 「私のファンは、私が人生を祝うのが大好きで、家族が大好きで、旅行が大好きで、音楽が大好きで、ファンが大好きだと知っています。 私は、神が私の心の純粋さと私の行動の無実のために私に正義を与えてくれると信じています。」

検察官はまた、ガンナや他のYSLメンバーの歌詞を試用期間中に積極的に使用しようとしました。これは、300EntertainmentのKevinLilesとAtlanticRecordのCOOであるJulieGreenwaldから「RapMusicon Trial:Protect Black」と呼ばれる大規模な嘆願を生み出した、物議を醸す戦術です。美術。”

「アメリカの黒人として、私の芸術は私が大衆の娯楽の源であるときにのみ受け入れられるようです」とガンナは書いています。 「私の芸術は娯楽として独立することは許されていません。アメリカの黒人としての自由は許されていません。」

今週末のHot97Summer Jamの間に、Young Thugはこの感情を繰り返し、ファンに請願書に署名するように懇願しました。

「私はいつも自分の音楽を芸術的な表現の形として使用していますが、今では黒人のアーティストやラッパーにはそれがないことがわかります。ご存知のとおり、自由です」とThugger氏は述べています。 「皆さん、プロテクトブラックアートの請願書に署名して、私たちのために祈り続けてください。」

GunnaとYoungThugは、5月初めに広大な88ページのRICO起訴状で指名され、56カウントの起訴状には、RICO違反の陰謀、殺人、武装強盗、致命的な暴行などの容疑に関連して28のYSL関連会社がリストされています。武器など。 ヤング・サグも絆を否定され、ウラル・D・グランビル裁判官は6月2日の公聴会で、YSLの首長が釈放された場合、目撃者が危害を加えられたり脅迫されたりすることを懸念していると述べた。

以下のGunnaの全文をお読みください。

6月14日

この困難な状況にもかかわらず、2022年は私の人生で最高の年の1つでした。

今年は全世界にPを押してもらいました。

疎外された近所の出身地から育った私は、自分の芸術が自分の人生や愛する人の人生を変えるとは夢にも思いませんでした。 私の人生を通して、私は黒人男性、黒人女性、そして黒人の子供たちが絶えず攻撃し、憎しみ、殺害し、殴打し、軽蔑し、沈黙させ、裁き、使用し、捕らえられているのを見てきました。

私は自分のアートフォーム、神からの贈り物を使って状況を変えました。 私は仕事をし、自分の技術を磨き、仕事をし、業界の黒人女性に力を与え、仕事をし、レコーディングスタジオに住み、仕事をし、道路に住み、仕事をしました。 私は毎日、自分の贈り物、芸術、そして人生にどれほど感謝しているかを神に示し、愛する人たちに提供できるように働きました。

今のところ、私には自由がありません。 しかし、私は無実です。 私は誤って告発されており、私の名前をクリアするために戦うことを決してやめません!

私が描いている絵は醜くて真実ではありません。 私のファンは、私が人生を祝うのが大好きで、家族が大好きで、旅行が大好きで、音楽が大好きで、ファンが大好きだと知っています。 私は、神が私の心の純粋さと私の行動の無実のために私に正義を与えてくださることを信じています。

アメリカの黒人として、私の芸術は私が大衆の娯楽の源であるときにのみ受け入れられるようです。 私の芸術は娯楽として独立することは許されていません。アメリカの黒人としての自由は許されていません。 奴隷制が今日でもアメリカで生きていて、私の人々に影響を与えているのは悲しい現実です。 12の州では、刑務所人口の半分以上が黒人であり、そのうちの1つはジョージア州です。

私が夢を追いかけるのを止めるものは何もありません。名前のない未知の告発者が世界に私を悪い人として見させたいとしても、私は良い人であるのをやめません。 私が自由だったとき、私は私の周りのコミュニティに親切で親切でした、そして私が解放されたとき、私は同じことをもう一度やり直します。

私たちは今でもPを推進しています:力、祈り、進歩、情熱、生産性、賛美、正確さ、平和、繁栄、忍耐、誇り、そして粘り強さ。

Leave a Comment