アート業界のニュース:イケス、確かにキム・カーダシアンがメットガラでマリリン・モンローの歴史的なドレスを傷つけたように見える+他の物語

アートインダストリーニュースは、アートの世界とアートマーケットから生まれる最も重要な発展の毎日のダイジェストです。 6月14日火曜日に知っておくべきことは次のとおりです。

読む必要がある

バーゼルでアナメンディエタのパフォーマンスを再現する子犬子犬– パリのギャラリーBaliceHertlingで、アーティストのPuppiesPuppiesがMendietaの 無題(レイプ) 1973年から、18歳未満の人には適さない作品。パフォーマンスの「星座」は、トラウマ体験についての2時間半の「実験的講義」から始まります。 ((artnews)。

Uffizi Nets€70,000ミケランジェロNFTから€240,000で販売– ミケランジェロの有名な絵画を基にしたNFTの販売 聖家族 昨年ウフィツィ美術館が販売したのは240,000ユーロでしたが、イタリアの美術館はそのうち70,000ユーロしかポケットに入れていませんでした。 残りは、絵画を制作したミラノを拠点とする会社Cinelloと、デジタルアート作品の制作に費やされました。 この啓示は、メタバース時代に誰が芸術を所有し、芸術から利益を得ているかについて、イタリアで進行中の議論に追加されます。 ((アート新聞)。

キム・カーダシアンはマリリン・モンローのドレスを傷つけたようです– メットガラ-キムカーダシアンの怒り全体が私たちに何かを教えてくれたなら、それはこれです:常に修復家に耳を傾けてください! 結局のところ、カーダシアンがレッドカーペットでスピンした後、彼らはマリリンモンローの歴史的なドレスの安全性について心配するのは正しいことでした。 カーダシアンにガウンを貸したリプリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノットは、被害があったことを否定したが、メットガラの前後の新しい写真を並べて見ると、生地が伸びていて、結晶が欠けている兆候が見られる。 ((6ページ)。

MCHは借り換え中– パンデミックに見舞われた後、アートバーゼルの親会社であるMCHグループは新たな投資を受けています。 その2つのアンカー株主であるバーゼルシュタット州とルパシステムズ(ジェームズマードックが所有)は、それぞれ2700万スイスフランから3400万スイスフランの投資に合意しました。 MCHは、これにより「借り換えのための流動性が確保される」と述べた。 [MCH’s] 1億スイスフランの債券と会社のさらなる発展。」 バーゼルシュタットの議会はまだ投資を承認する必要があります。 ((それで)。

ムーバー&シェーカー

バイデンがAAPI博物館で前進する法案に署名– 米国大統領は、アジア太平洋諸島系アメリカ人の歴史と文化の国立博物館の創設を研究する委員会を設立するために、彼が「長期延滞」法案と呼んだものに署名しました。 この法律は、2003年に議会制定法によって設立され、2016年に一般公開された、国立アフリカ系アメリカ人歴史文化博物館のために計画された同様の軌道に従っています。(CNN)。

Aldrich Contemporary Namesチーフキュレーター– コネチカット州リッジフィールド博物館は、エイミー・スミス・スチュワートをチーフキュレーターに昇進させ、1964年の設立以来、初めて女性としてその地位に就きました。スミス-スチュワートは、2013年からアルドリッチでキュレーターを務め、 Genesis Belanger、Lucia Hierro、EvaLeWittなどのアーティスト。 ((artforum)。

スタンリー・ホイットニーがガゴシアンに参加するためにリッソンを去る– 過去数年にわたって市場が急傾斜している、高く評価されている抽象画家は、ガゴシアンに代表されるようになります。 ニューヨークを拠点とするアーティストは、来年ロンドンのグロブナーヒルスペースで彼の最初の展覧会を開催します。 ホイットニーは、2015年から彼を代表しているリッソンギャラリーを去ります。(artnews)。

写真家TarekAl-Ghousseinが60歳で死去– クウェート-パレスチナの写真家は、放棄された空間のドキュメンタリースタイルの風景写真で最もよく知られていました。 時々、アル・グセインは伝統的なパレスチナの頭飾りを身に着けている画像に自分自身を挿入しました。 死因はすぐにはわかりませんでした。 ((アート新聞)。

芸術のために

デュークのプッサン絵画に輸出禁止– 英国政府は ラトランド公爵が彼の城を維持するために賞の絵を売る計画。 確認 ニコラ・プッサンは、国外で1,900万ポンド(2,300万ドル)の購入者を見つけましたが、当局は、400年前の宗教画は、国民の利益のために英国に留まる価値があると述べています。 彼らは、国内のバイヤーが前に出て価格を一致させるようにとの嘆願を出しました。 ((電信)。

確認 (c.1637-1640)。 ファインアート画像/遺産画像/ゲッティイメージズによる写真。

FacebookでArtnetNewsをフォローしてください。


アートの世界の先を行きたいですか? ニュースレターを購読して、最新ニュース、目を見張るようなインタビュー、そして会話を前進させる鋭い批評的なテイクを入手してください。

Leave a Comment