&Traditionによるテーブルデザイン展の研究

新しいデザイン展はテーブルを5つの方法で再考します

3 Days of Design 2022で、&Traditionは、5か国のデザイナーを集めて、ApolloKantineでテーブルへのデザインアプローチを探求します。

数週間前のデザインの長続きする思い出には、メインイベントのセットピースやショーの外のテーブルの周りで陽気な経験が含まれることがよくあります。 世界中の同じような心の人々がデザインへの共通の情熱を持って集まる、台本のない瞬間。

そのことを念頭に置いて、&Traditionは、2022年の3日間のデザインのハイブリッドアートデザイン展「Studiesof a Table」のメインゲームをテーブルにしました。テーブルだけでなく、5か国のスタジオとデザイナーによって作成された5つのテーブルもあります。地元の素材、技術、職人を使って、典型的なものと考えられるものの限界を押し広げ、その起源について何かを表現すること。 ロジスティクスの成果はさておき、600kgのテーブル1つがインドからデンマークに出荷されました。これらのテーブルは、異文化間、学際的な交流の媒体となりました。

左、StudioRawMaterialによる「Khokhar」テーブル。 右、パリまでのすべての方法による「テーブルクロス」テーブル

「すべてがダイニングテーブルの周りで起こり、進化します。物語が語られ、強い衝動が形作られ、関係が深まるか消えます。中央には、食べ物とワインが入ったテーブルクロスがあります」とコペンハーゲンを拠点とするAll the彼らの「テーブルクロス」テーブルのパリへの道。

デンマークの木の伝統とは異なり、テーブルはアルミニウムで作られています。これは、バイブが常に一緒に仕事をしたいと言っている素材です。 テーブルは2つの状態でアルミニウムを使用しています。テーブルの形は研磨されておらず、「布」は高度に研磨されており、ディナーパーティーの余波を呼び起こすためにやや斜めになっています。

柳原輝弘の「エクレア」テーブル

唯一の木製のテーブルは、広島の匿名の原生林からの日本の栗を使用した柳原輝弘による「エクレア」(フランス語で稲妻を意味する)です。 栗は廃棄物とされており、柳原氏は「忘れられた美しい木」としての可能性を再考してほしいと考えています。

彼はまた、熟練した職人を雇って、接着剤も釘も使わずに、単純なノミとかんなで彫られた複雑な木製の接合部を作る指物技法でテーブルを作りました。

ステレンボッシュアートファウンドリーの「Don’tbeaSquare」テーブル

父と息子の企業であるステレンボッシュアートファウンドリーは、「正方形にならない」テーブルを使用して、人々がテーブルの周りに座る方法の階層を覆し、私たちを箱の外で考えるように誘いたいと考えていました。

ガラスの卓上の下に鮮やかな色調のステンレス鋼、アルミニウム、ブロンズの立方体のテトリスを通して、テーブルは南アフリカの11の言語、多様な文化と遺産を表し、世界的な言説の象徴でもあります。

リュック・フラーの「チューリップ」テーブルと柳原輝弘の「エクレア」テーブル

ロサンゼルスを拠点に活動するアーティスト兼デザイナーのLucFullerは、Spiritual Objectsの名前で活動しており、色と形を主な表現として使用し、「甘くて楽観的」なものを作りたいと考えていました。 彼の「チューリップ」テーブルは、積層された海洋合板から作られ、子供の木製のジグソーパズルのような形にカットされ、明るい青、緑、黄色、赤に塗られています。

「私にとってのチューリップは非常に特別な花であり、テーブルはもちろん、すでに非常に人間的な特別なオブジェクトです。 それは、食事、会話、または仕事、執筆、思考、描画のための孤独な表面を共有するための共同スペースの両方です」とフラーは言います。

StudioRawMaterialによる「Khokhar」テーブル

ラジャスタン州のスタジオに隣接する小さな村にちなんで「Khokhar」テーブルに名前を付け、Studio RawMaterialのPriyankaSharmaとDushyantBansalは、インド西部の砂漠の平原で見つかった砂丘黄色の大理石の廃棄物の破片を使用しました。

建設現場から集められた破片は、元の形で保存されていましたが、調和のとれた全体を形成するために組み合わされました。 このように、テーブルは、デザイナーと親族の精神がテーブルの周りに集まった木曜日の夜に現れたテーマである、集まりのアイデアと行為を祝います。 §

Leave a Comment