ANTHRAXのFRANKBELLOがデビューソロEPを発表「ThenI’mGone」

フランク・ベロ珍しい鳥 発表しました 炭疽菌 ベーシストのデビューソロEP、 「それなら私は去った」。 12インチのデラックスゲートフォードスプリットとして発行されたEPには、2021年の自伝からの抜粋とともに、作者が読み、追加の新しい音楽を伴った3曲が含まれています。

美しい ですべての楽器(ドラムを除く)を実行します 「それなら私は去った」「長くはない」「今すぐ会いましょう」、ナレーション付きの曲に付随するスコアと同様に、それぞれがでリリースされた本から選択され、読まれました 珍しい鳥 去年、 「父、兄弟、そして息子:生き残った苦悩、放棄、そして炭疽菌」

「本を書いているときに、人生の非常に暗い時期を再訪しました。これらの曲を書いたのは、それらを追体験した結果でした」と彼は説明します。 美しい、すべてに登場する人 炭疽菌 1985年からリリース。「音楽は、対処のメカニズムとして常に私にとって素晴らしい出口でした。本に関係している人やまだいない人のために、これらの曲を出すのに良い時期だと感じました。聞いてくれてありがとう!」

伝説的な金属の「ビッグフォー」の礎石と並んで メタリカメガデススレイヤー炭疽菌 1000万枚以上のアルバムを販売し、世界中を何度も旅し、次のようなクリエイティブなアイコンの多様なリストと協力してきました。 パブリック・エナミーキアヌ・リーブズ そして遅い 「ダイムバッグ」ダレルアボット「父、兄弟、そして息子」 音楽業界の悲劇と勝利について詳しく説明し、 美しいの激しい個人的な生活。

本のように、上の曲 「それなら私は去った」 親密で、明快で、強力です。 「それなら私は去った」 EPデラックスゲートフォードビニールは、限定版のパープルとホワイト/パープルのスプラッタバリアント、および標準のブラックビニールで、直接予約注文が可能です。 珍しい鳥 (www.rarebirdlit.com)および ビニールを体験 (www.experiencevinyl.com)。 すべての先行予約には、封印されたビニールジャケットに完全なビニールオーディオブックが入ったデジタルダウンロードコードと、オーディオ、ビデオ、インストルメンタル、ボーナス素材へのリンクが記載された毎月の電子メールが含まれています。

昨秋、 美しい 言った 「ハイウェイ81再訪」 彼が「何をしようとしていたのかわからなかった」「音楽を書いた」ポッドキャスト。 「この本でこのカタルシス的なことを経験した後、それは私の心の中で多くのことを開いたからです」と彼は説明しました。スタジオでのこれらの曲とそのすべて—私には素晴らしいミュージシャンが何人かいます。 高度と態度 私がしたこと [former MEGADETH bassist] デビッドエレフソン、それはおそらくその続きのようなものです。 それらの記録にある可能性があります。 だから、それはその続きのようなものです。 そして、私はそれを適切な時期に出すことを楽しみにしています。」

「それなら私は去った」 2022年11月4日にリリースされる予定です。

トラックリスト:

サイドA:

01。 それから私はなくなった
02。 長くはない
03。 今すぐ会いましょう

サイドB:

01。 最初のキス
02。 コンパスポイント
03。 今すぐ会いましょう (再考)

ブロンクスで生まれ育ち、 美しい 彼が12歳のときに演奏を始め、ギターでベースパートを学びました。 のような偶像化するベースヒーロー ゲディー・リースティーブハリスギーザーバトラー; そして頻繁に彼の叔父とジャミングし、 炭疽菌 ドラマー チャーリー・ベナンテ美しい 参加しました 炭疽菌 1985年代に間に合うように 「SpreadingTheDisease」 アルバム、そしてファンは彼のエネルギッシュなステージの存在と巧みに独創的なベーススタイルを愛していました。 その時から、 炭疽菌 によって燃料を供給された一連の古典的なパンク/スピードメタルアルバムで、すぐにメタルスターダムの上位層に到達しました 美しいの激しいリフベース作品。 ステージ上とオフで、 美しい は、音楽的なパンチをまったく引かない真のベースアンバサダーです。

炭疽菌 は、2023年に暫定的にリリースされる次のスタジオアルバムの素材に取り組んでいます。2016年のフォローアップ 「すべての王のために」 になります 炭疽菌2010年の歌手復帰以来3回目のフルレングスリリース ジョーイ・ベラドナ、「ビッグフォー」ショーのためにフォールドに戻ってきた メタリカスレイヤーメガデス、創造性の新しい波を刺激するのを助ける過程で。

写真提供 ジェレミー・サファー

Leave a Comment