Perfume Genius:Ugly Season Album Review

音響計装とクラッカージャックの製作の衝突は、豊かでワイドスクリーンの体験をもたらします。 プログラムされたドラムがアレンジをカタルシスのフィニッシュに運ぶ前に、曲の渦巻く醸造からの恐怖を伴う「ヘレム」バブル上のミルズのハーモニウム。 クラリネットのうねりは、「歯」に計り知れない至福の瞬間をもたらします。 「ポップソング」でのハドレアスのため息のボーカルは、チャイムとパーカッションがミックスにぶつかると、遊び心のあるクースに変わります。 以前のアルバムと比較して、7分のマークを超えて伸び、コーラスをほこりの中に残すトラックでは、そのような刺激的なピークはそれほど即時ではありません。 しかし、この音楽で時間を過ごすと、そのフッキーな美しさのきらめきは、孔雀のふりを見て、その壮大な羽を一瞬で点滅させるような、深い印象を残します。

ポイント、 醜い季節 プリンスの1986年のアルバムを思い出させる のために、元の資料を超えた別のスコアであり、前向きな高みとカジュアルでとらえどころのない、分離した構造のバランスを取ります。 プリンスの浮力のあるエロティシズムの代わりに、パフュームジーニアスの文体的なスモーガスボードは、セックスを、レコードの他の関心事である悲しみにふさわしい、怠惰な事件のように扱います。 正式には、アルバムは途中で崩れているようです。 吹奏楽のための飾り気のないピアノ曲「スケルツォ」は、最初の曲の後にメランコリックなカムダウンとして機能します。 シーケンスのこの奇妙なビットは、傷を縫合します 醜い季節の 真ん中、まるでハドレアスがあなたにステッチを見せて欲しいかのように。

彼の歌詞はこれまでになく物語性が少なく、ゲイ文化に根ざした象徴的な語彙で輝いています。 彼はしばしば体を植物や果物と比較します。「葦のように伸ばして」、「ヘレム」で歌い、「ポップソング」で、「ピットを収穫し、残りを吐き出す」ように私たちに命じます。 彼はセックスをいくつかのトラックで魔法の儀式と見なし、「歯」では同性愛者のアイデンティティが西洋で合体し始めたのと同じ19世紀の文脈を思い起こさせます。 「色あせた花輪」と彼は説明します。「皿に頭蓋骨がセットされています。」 初めて、パフュームジーニアスは静物画で歌い、正式には、アルバムはこれと同じ焦点を反映しています。言葉のないより近い「セノーテ」は、ソロピアノのよりシンプルなセットアップで最初のトラックのオープニングノートをエコーし​​ます。完成したキャンバスと一緒に作業します。

醜い季節 ハドレアがカットした最大の物語の中で、物語の宝石は1つしかありません。 「ヘルベント」は、パフューム・ジーニアスの最後のアルバムの名を冠したハイライトから、混乱したナレーターのカジュアルな恋人であるジェイソンのキャラクターを再現しています。 「彼らは私の電話を持って行った」と話者は口調を整えた。おそらく彼はリハビリから逃げ出したばかりだったからだろう。 道端で一人で、腕から出血して(大騒ぎの落下のために、私たちは想像します)、彼はフックアップを魅了して助けを提供できるという悲痛な信念に必死に固執します。 「最初に停車した車/一目見て運転しただけです」と彼は唾を吐き、数分後に「ジェイソンのところに着いてショーをするなら/たぶん彼は柔らかくなり、ローンをくれるだろう」と語った。

ここで、Perfume Geniusは、最初に私たちを彼の曲に引き付けた共感を導き、一人称の冷笑と距離と成熟度の明快さのバランスをとることによって、彼のキャラクターの混乱を記録します。 20代後半に落ち着きを取り戻した後、音楽のキャリアをスタートさせたハドレアスは、すでにこの種の作詞作曲をマスターしています。 それでも、その効果は大気に新たに緊急を感じます 醜い季節、時間の霞を通して再び脈動し始める埋もれた、傷ついた記憶のように。 ポップミュージックは、ほぼすべての人に記憶喪失のトローチを提供する傾向があり、同性愛嫌悪者やゲイの人々でさえ、一度に3分間だけでも、違いを消し去ることができます。 ハドレアスは彼のファンのためにそのような丸薬を製造することを拒否します。 彼の広大なポストポップは、自分自身を変えることで過去の記憶を解決できない多くの方法に私たちの注意を引き付け、暗黙の質問を提起します:私たちは本当に私たちがいた人々を置き去りにすることができますか、それとも私たちは単に私たちを保つことを学んだのですか?自己改革の約束に目を向けていますか?

Pitchforkに掲載されているすべての製品は、編集者が独自に選択しています。 ただし、小売リンクから何かを購入すると、アフィリエイト手数料が発生する場合があります。

香水天才:醜い季節

Leave a Comment