オバマの肖像画は土曜日にデヤング美術館でSFデビューします

土曜日と日曜日の両方で、等身大のバラクとミシェルオバマの肖像画がサンフランシスコでデヤング美術館にデビューし、8月14日まで展示されているのを見るのは無料です。

ゴールデンゲートパークのJFKドライブに車を戻すために進行中の干渉について、デヤング美術館に腹を立てているかどうかはわかりますが、ソーシャルメディアでおしゃべりがあります。 博物館のボイコット。 しかし、あなたはただ行くことができて、支払うことはできません! 少なくとも今週の土曜日と日曜日には、そのオプションがあります。有名なオバマの肖像画が今週末にサンフランシスコでデビューし、6月18日土曜日と6月19日日曜日は入場無料です。

デ・ヤングが説明しているように、入場は「先着順で、オンサイトのみです。 家族ごとに4つに制限し、スペースに制限があります。」

オバマ肖像画ツアーのインスタレーションビュー、de Young博物館、サンフランシスコ、2022年。GarySextonによる写真。 サンフランシスコ美術館の礼儀

バラクオバマとミシェルオバマの両方の肖像画があり、2018年に発表された有名なものです。どちらの作品も、大統領とファーストレディの公式肖像画に依頼された最初の黒人アーティスト、エイミーシェラルドとケヒンデワイリーによるものです。

「ワイリーとシェラルドは、ポートレートギャラリーの大統領またはファーストレディの公式肖像画に選ばれた最初のアフリカ系アメリカ人アーティストです」とデヤングはリリースで述べています。 「2人のアーティストは互いに独立して働いていました。 しかし、これら2つの肖像画を描く際に、ワイリーとシェラルドは、政治指導者を代表するという何世紀にもわたる伝統を効果的に再考しました。 写真を撮る前は、描かれた肖像画が米国大統領の主要なイメージとして機能することがよくありました。」

オバマ肖像画ツアーのインスタレーションビュー、de Young博物館、サンフランシスコ、2022年。GarySextonによる写真。 サンフランシスコ美術館の礼儀

土曜日と日曜日の無料チケットに関しては、先に述べたように、先着順であり、前売りチケットは提供されていません。 開場時間は正午ですので、早朝に列に並ぶことをお勧めします。 デヤングによると。 「この日には、チェロ奏者でボーカリストのミアピクスリーによるライブ音楽、キンバリーオリヴィエのダンスパフォーマンス、FirstExposuresの卒業生との無料のポートレートセッションが含まれます。」

オバマ肖像画ツアーのインスタレーションビュー、de Young博物館、サンフランシスコ、2022年。GarySextonによる写真。 サンフランシスコ美術館の礼儀

この週末の後、展示のカレンダーを見ると、事前に登録する必要がありますが、土曜日は無料のままであり、火曜日、木曜日、金曜日、日曜日の入場料は15ドルです。 博物館は月曜日(7月4日を除く)は休館しており、水曜日は「会員限定」の日です。 17歳以下の子供は無料で入場できますが、事前の出欠確認も必要です。 入場すると、美術館のコレクション全体を見ることができます。

ケヒンデワイリーによる「バラクオバマ」、キャンバスに油彩、2018年。ナショナルポートレートギャラリー、スミソニアン協会。

では、なぜバラク・オバマの肖像画の後ろに花があるのでしょうか。 おかしいあなたは尋ねるべきです! デ・ヤングの発表によると、花は「大統領とその家族の生活において特別な意味を持っています。 シカゴの公式の花としての菊が含まれています。 ジャスミンは、ハワイでのシッターの発祥の地と育成に敬意を表しています。 ケニア原産の紫色のアフリカのユリ。」

エイミー・シェラルドによる「ミシェル・ラボーン・ロビンソン・オバマ」、リネンに油彩、2018年、ナショナル・ポートレート・ギャラリー、スミソニアン研究所。

同じリリースによると、ミシェルオバマの肖像画はそれぞれ、「抽象芸術のモダニズムの伝統とアラバマのジーズベンドコミュニティの伝統的な模様のキルト」を描いています。

土曜日の無料入場に合わせて、さまざまな土曜日のイベントがあります。 6月25日土曜日に、若者の写真指導プログラムFirstExposuresの回顧展があります。 7月30日土曜日はアート、ファッション、ユースアートエクスチェンジによるアクティビズム、8月6日土曜日は826バレンシア、詩とストーリーテリングと826バレンシアです。

オバマの肖像画は、2022年6月18日から8月14日まで、火曜日と木曜日から日曜日まで、ゴールデンゲートパークのハギワラティーガーデンドライブ50番地にあるデヤング美術館にあります。 こちらのチケット。

関連している: サンフランシスコのデヤング美術館に立ち寄る「オバマ肖像画ツアー」 [SFist]

上の画像:2018年2月12日、ワシントンDCのナショナルポートレートギャラリーでのバラクオバマ前大統領とミシェルオバマ元ファーストレディの肖像画の除幕式。撮影:Pete Souza

Leave a Comment